黒ずみ

【目指せ!脱黒ずみ!】新しい自分に変わるためのアクション

 

 

人生をもっと充実させる小さなきっかけ。
もう少しライフスタイルを充実させたい。
今の自分を少しだけアップデートしたい。
もうちょっと・・・。あともうちょっと・・・。

 

そんな願いを抱きつつ、日々の忙しさを言い訳に、変われないままで過ごしてしまう。今の自分も嫌いじゃないけど、踏み出しやすいように少し背中を押してほしい・・・。

 

長い夏が終わりを告げる季節に、新しい自分になる小さなきっかけを。その先には、今までとは違う景色がきっと広がってるはず!そんな日々を綴っていきたいと思います。

 

いま、ポジティブの歯車が動き出します・・・。

 

 

友人を自宅に招いてみる

暮らしはその人そのものです。だからこそ誰かを家に招く日には背筋が伸びます。視覚、嗅覚、味覚・・・。客人に五感を無意識にリラックスさせて、幸福感に浸ってもらう。そんな空間をさりげなく演出できたら素敵ですよね。

 

@花を絶やさず飾る

生活に根付いている女性は憧れです。そのためには花を絶やさないように心がけることです。私の佇まいを見せるピッチャー型の花器に直感で選んだ花を飾り、ときには枯れ行く姿も楽しむ。

 

Aクッションを新しくする

家のムードを変えたいときにおすすめ。ちょっぴりファニーな癒し系のクッションなんかどうでしょう。

 

Bファーマーズマーケットに出かける

食材ひとつひとつも、土地と作り手が織りなすストーリーがあります。そんなことを意識しながら生産者が直売するファーマーズマーケットを訪れて。

 

Cフラットなお皿をそろえる

世界的にもブームになっているフラットなお皿。和食にも洋食にもマッチする懐の深さが魅力ですよね。

 

D香りの個性を持った部屋にする

香りの記憶は脳裏に残ります。だからこそパーソナルなものを選びたいですよね。香りをまとった新感覚のマッチを使ってキャンドルを点せば、部屋に個性が生まれます。

 

E話題の家電を取り入れる

暮らしがグレードアップする家電。テーブルを囲んだ際の話題性も抜群になります。いま注目なのは食感が戻るスチームトースター。

 

 

デートの予定を入れる

いつでも恋のムードを感じさせる女に変わりましょう。忙しい女性ほど恋愛というアクションに臆病になってしまいがちですよね・・・。まずはデートの約束をとりつけてみては??
カレンダーを眺めながら誰かを想像してキレイを育みましょう。ひとりよがりの自分磨きとは視点を変えて。

 

@髪の質感にこだわってみる

 

A注目のランジェリーをチェックする

 

Bチークをやめて似合うルージュを探す

 

C睡眠の質が高まるパジャマを買う

 

D週末にフルーツデトックスをする

 

E恋力アップのフラワーエッセンスを始めてみる

 

 

ひとり旅をしてみる

いつもアウトプットできる人に変わる。あらゆることにアンテナを張り巡らせ、独自の感覚でキャッチする。そんなスマートな女性でいるためには、インプットする時間も大切です。ときにはひとりでショートトリップに出かけて、自分とじっくり向き合いましょう。

 

@気になるアートを観に行く

興味のあるギャラリーや美術館を目指していつもと違う地に足を運べば、それはもうひとつのトリップです。アートの今を知り、そこに触れることは、トレンドを捉える感性を磨くことにつながります。

 

A発見を与えてくれる本を持つ

旅を共にするのは、日ごろの生き方に一石を投じてくれる本。これからの読書プランを考えながら・・・。

 

B機能性の高いバッグで出かける

思い出を詰めるバッグは軽くて丈夫なものを選びましょう。

 

C音のスタイルにこだわる

一人旅の相棒となる音楽はストレスフリーで楽しみたいですよね。スマホ&イヤホン間だけでなく、左右のユニットもブルートゥースで接続するイヤホン。

 

D自分だけの庭を見つける

毎日の忙しいリズムから一旦抜け出し、ゆっくり深呼吸できる秘密の場所を持つ。そんなことが実は人生において重要だったりもする。

 

E英会話アプリを始める

自信のない英語力をいつかはしっかりと向上させたい・・・。そう思いながらも、なかなか腰が上がらない英会話。一人旅の移動時間を機に、アプリで手軽に学びをスタートするのも。

 

 

内面のアクションはこの辺にして各ページでは、スキンケアや黒ずみとか外面的なところにもっと追及していきたいと思います!

 

 

リンク集

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめの美白クリームはこれ!


 

 

手のひらやかかとは、じっくり眺めれば眺めるほど、ほかの部分のお肌とは違っているのがわかります。

 

それもそのはずです、通常皮膚は3つの層から成っているのですが、手のひらやかかとには淡明層という、透明な「第4の層」が存在するのです。この淡明層が存在するパーツには、他の皮膚よりも新陳代謝が早いという特徴があります。手をやけどしても意外に治りが早いとか、かかとにすぐ角質が溜まってガサガサになる、というのも、この新陳代謝の速さに理由があります。ここでは、毎日酷使されているかかとのお手入れについて、ちょっと考えてみましょう。

 

次々に、新しい肌細胞が生まれるので、必然的に角質が溜まりやすく、また体重の圧迫を受けているので、かかとはすぐにがざがざになりがちなのです。これをキレイにしたいのなら、おすすめはやっぱりネイルサロンでのお手入れになります。
かかとを削るためにやすりやバッファーも多く出回っていますが、素人が手を出すと削りすぎになりやすいので、私はあまり強くは推奨できません・・・。

 

また、足裏にもキメがあり、きちんとsの流れにそって削らないと、かかとのガサガサはむしろひどくなってしまいます。そういうわけで、私が自宅でかかとのケアをするときは、ボディ用のスクラブでかかとも一緒に磨くか、フルーツ酸によるピーリングでつるりと角質を除去する、のいずれかの方法で行っています。

 

かかとをピーリングすると、角質がキレイに落ちるまでの数日間は割りと汚い状況なのですが、自分で削って荒らしてしまう心配もなく、つるりと文字通り一皮むけます。

 

それから、ひとくとメモとして「淡明層」のお話しをもうひとつどうぞ。4層になっているかかと、手のひらはいわば透明な膜が張ったような状態なので、「手でコスメをつけると吸い込んでしまう」というのはまったくの誤解になります。手のひらには毛穴も存在しないので、コスメはほとんど浸透しませんので、ご心配なく!!

続きを読む≫ 2016/09/15 00:08:15

 

 

私の知っているボディワークの先生は、最近「首の太い女性」が増えてきている、と言います。

 

前のめりになってパソコンを使うから、肩が前に落ちてしまう・・・。首が前に倒れるから、その重みを支えようと力が入って、首が太くなってしまうのです。首には脳につながる重要な血管や神経が通っているのに、そこが圧迫されて流れが悪くなってしまう・・・。と、首にまつわる負のスパイラルを教えてくれました。

 

4〜5キロもある頭を支えているのですから、首にかかる負担は普通の状態でもかなり大きいものです。また、顔と同じように日々紫外線にさらされていて、しかも曲げたり動いたり・・・。と動きも大きいのでしわになりやすいのも納得ですよね・・・。首は専用のクリームや美容液でしっかり保湿して、シワを予防してあげましょう!

 

ここで、よく聞かれる「ネックケア製品のつけかた」の誤解につてひとつ。「シワを伸ばすようにしたから上へ」と説明される方がいますが、それは残念ながら間違っています。基本的には、筋肉の流れにそわないマッサージはすべて、シワやたるみの原因になります。また、マッサージは体の外側から中心(心臓)に向かって行うのが理にかなっていますので、「下から上へ」引っ張るのはやめたくださいね!

 

また、私は一般の方が強いマッサージを行うのはあまりおすすめしません。ネックケア製品を使う場合は、顔のケアのあと(そのほうが顔まわりのリンパが流れやすい)に、優しく上から下で撫でるようにつけましょう。耳の下から鎖骨へ向かってそっと流して、鎖骨の上を軽くプッシュしてあげれば十分になります。首のお手入れ話しのついでですが、耳についても小ネタをひとつどうぞ。フランスのエステティシャンは、顔のお手入れをした後、その流れで耳を軽く触る人がおおいのだそう・・・。

 

どういった理由で始まった習慣かはわかりませんが、顔のリンパにのった老廃物はずべて耳の下に集まりますので、最後に耳を軽くもみもみするのは実は合理的なのです。それに、耳の裏はフェロモンが分泌される部分ですので、(耳のほかにはわきの下、デリケートゾーンからも分泌されます)さわって意識しておくと、モテる女になれる・・・・かもしれませんよ!是非試してみてください。

 

おすすめ商品
シスレー クレームプール

ラタニアエキス、ハゴロモグサエキス配合の首ゾーンの専用クリームになります。さっぱりとした使い心地なので朝晩のケアのおともに。

 

ボディショップ モロッカンローズボディバター

モロッカンローズの香りに全身用クリームになります。防腐剤フリーです。リッチなうるおいが長時間続きます。

 

アレクサンドルドゥパリ

独自のエイジングケア成分「プロキシレン」が首の肌の溝にアプローチしてくれます。しっとりなめらかなお肌に。

 

 

続きを読む≫ 2016/09/15 00:06:15

 

 

「神は細部に宿れり」とはよくいうけれど、それは女性のボディでも同じことです。

 

キレイにメイクした女性でも、ひじやひざがかさついてがっかりしたり、ミュールを履いたかかとガサガサで興ざめだったり、彼氏と初めてのエッチの時に幻滅されたり・・・、という経験がありませんでしょうか??

 

育児に夢中になってお手入れをさぼっていたときは、私もひじやひざがかさつき、黒ずみができてしまいました。気をぬくとすぐに「この人さぼってますよ」というサインが出てしまうのがこういった関節まわりのパーツなのです。それと同時に、お手入れをしたらみうみるうちに結果が出るのが、こういったパーツケアの面白いところでもあります。たとえばかかとのガサガサが気になるのであれば、手っ取り早いのはネイルサロンになります。肌のキメに沿ってファイル(やすり)をかけて削ってくれるので、びっくりするくらいなめらかになります。自己流だと肌のキメを無視してしまったり削りすぎたり、というトラブルを招きやすいので、自宅でケアしたい場合はバスタイムにスクラブをかけるのがおすすめになります。

 

じたくでのお手入れの基本は、まずはお風呂でスクラブ。その際にひじとひざを特に念入りに行いましょう。古くなった角質を溶解する働きのある、サリチル酸やAHA(フルーツ酸)入りのクリームでゴワゴワ(角質肥厚)のケア。クリームを多めに塗って、サランラップで巻いて5分〜10分程度放置します。そのあとは、ほっとタオルで拭きとってボディクリームでフィニッシュです!

 

これを定期的にやれば、ぴかぴかのひじ・ひざが手に入ります。デリケートゾーンの黒ずみは専用の石鹸でゴシゴシ洗うのではなく、泡で丁寧に優しく洗いましょう!最近では専用の美白クリームも多くありますので、そういった製品もおすすめです!バストトップをピンクにしたい方は下記のホスピピュアもおすすめ!

 

おすすめ商品
SABON ボディスクラブ

ミネラル豊富な死海の塩を100%使用しています。
アーモンドやパチュリなどがブレンドされたオイルを配合していて、滑らかな使い心地とお肌へと導いてくれます。

 

タカミ スキンピールボディ

ボディのくすみやざらつきが気になる部分のAHA入り角質ケア用のトリートメントになります。
洗い流さなくてもいいので使いやすさも抜群になります。

 

ホスピピュア

美容のプロである湘南美容外科クリニックとの共同開発したバストトップ専用の美白クリームになります。

 

続きを読む≫ 2016/09/15 00:05:15

 

 

セルライトやキャピトンとは、ヒップや太ももなどに現れる凸凹のことです。

 

これは、お肌が「こんなにたくさんの脂肪を抱えられないから!」と悲鳴を上げている証です。急激に太ってしまったり、脂肪層を覆っている皮膚がたるんだりすると発生してしまいます。ボディのエイジング現象として取り上げられることが多いですが、たとえば数年前に激太りしたブリトニースピアーズが、まだ20代前半なのに太ももにセルライトがぼこぼこ出た写真をパパラッチされていることからもわかるとおり、年齢に関係なく現れる現象になります。

 

では、セルライトを発見したら、そのようにすればよえでしょうか・・・。

 

まずは、ごくシンプルなことですが、バランスのとれた食事と運動を取り入れることが大事になります。せるライトができるのは、食事が偏っていたり、運動不足だという体からのメッセージになります。いきなり生活を改めるのなんて難しいです・・・。という方には(わたしも含めてほとんどの女性がすですが・・・。)「3日でプラスマイナスゼロ」という考え方をおすすめしています。

 

たとえば、食べ過ぎてしまったら翌々日は和食中心の低カロリー食にします。疲れがたまっていて週末は寝て過ごしてしまったら、月曜はウォーキングをする!といった具合に。「毎日きちんと生活」と思うと窮屈に感じてしまいますが、「1日好きに過ごしたら、翌日頑張ってリセットしよう!」と考えれば、現実的に頑張れるのではないでしょうか??

 

食事と運動を少し意識できたら、次は「冷え」撃退です。なぜセルライトがヒップまわりにつくかと言ったら血行が悪くむくんでいるからです・・・。

 

水分や脂肪がたまることでさらに循環が悪くなり、どんどん太って・・・・、という「恐怖のセルライト・スパイラル」に陥るわけです。太っていたころの私自身も、下半身をさわると手よりも冷たく、しかもカチカチに固まっていました。これを解消するためには、運動はもちろんのこと、日常生活での「冷え対策」が必要になります。たとえばデスクワークのときにひじ掛けを使う、半身浴をする、寝る前にマッサージをする、エンダモロジーなど美容医療であたためてほぐす・・・。などなど。血液の流れるからだになれば、セルライトは確実に減らせます。

続きを読む≫ 2016/09/15 00:04:15

 

 

大人のニキビ悩みというと、どのパーツがわかりますでしょうか??

 

思春期と同じように額?それとも毛穴が開きがちになる頬?正解はなんと背中なのです。そういわれてみると、思い当たるところがないでしょうか。

 

私自身、顔は毎日見ていても背中のお手入れをついつい忘れてしまいがちで、不摂生をしたわけでもないのに背中に突然出現するニキビに悩まされていたものです。そんな憎き背中ニキビができるのにもきちんとした理由があります。顔の肌と違い、ボディの皮膚は皮脂腺が発達していません。

 

数少ない例外が、デコルテと背中になります。そこだけは皮脂腺の活動が活発で、顔と同じくらいの皮脂腺が形成されているのです。

 

デコルテは毎日のメイクやケアのときにチェックできますが、意識しないと目にふれにくい背中はお手入れの盲点になっていて、うっかりニキビができてしまう。というわけなのです・・・。

 

ですので、本来ならデコルテと背中は顔と同じくらいのレベルのケアをすべきなのです。メイクをしないので、クレンジングこそ必要ありませんが、それ以外は顔と同じに考えてOKなのです。ですので、ニキビなどのトラブルがひどいときには、背中は洗顔フォームを使っていきましょう。またニキビがでやすいのなら、油溶性のサリチル酸を含んだ化粧水でふき取ったり、スクラブやピーリングで余計な皮脂や角質を取り去ってあげましょう。

 

そして、仕上げに乳液で蓋をして乾燥を防げます。肌が皮脂分泌を行うのは自分が皮脂不足だと自覚するからです。適度な脂分を与えることで余計な皮脂分泌が抑えられます!逆に、背中とデコルテ以外のボディのお肌は特別なお手入は必要ありません。皮脂腺が発達していないのですから、ボディソープで毎日洗わなくても大丈夫です。汗は水溶性ですので、極端なことを言えばシャワーで洗い流せばソープを使わなくても毎日のケアは十分ですよ!

続きを読む≫ 2016/09/15 00:02:15

 

 

いま話題の「セロトニン活性方」についてご紹介致します。毎日の生活にちょっぴり取り入れるだけで心と体の不調がみるみる解消していきます!

 

幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンは、脳内のセロトニン神経から分泌される神経伝達物質のことになります。自律神経や内臓の調子を整え、気持ちをポジティブに、体も元気にします。また、姿勢筋・抗重力筋への働きで自然と背筋が伸びたり、顔がリフトアップしたりと美しさにも影響します。逆に、この物質が不足するとうつ病やパニック障害などの心の病気が引き起こされたり、怒りのコントロールができなくなります。現代では外的ストレスを完全に排除することは難しいので、忙しくストレスが多い人こそ、セロトニンを増やす生活をして、元気を維持することが大切になります。

 

 

セロトニン強化の3つの方法

難しく考えなくても、日々のちょっとした意識でセロトニンアップは叶います。その方法は、【@太陽の光を浴びる】【Aリズム運動】【Bグルーミング】の3つになります。

 

リズム運動とは一定のリズムで周期的に繰り返す動作のことです。リズムだけに集中して、脳からは単純な指令しか出てない状態にすることでセロトニンが分泌します。

 

ウォーキングやスクワットなどのほか、ガムを噛むこともリズム運動に含まれます。Bのグルーミングというのは人とのふれあいのことになります。リラックス状態で楽しめる、スキンシップやおしゃべりが効果的になります。

 

そして、もっとも手軽に活性化する方法としておすすめするのは、リズム運動の中に含まれる「ゆっくり吐く呼吸」になります。まずゆっくり息を吐く。最初は吐くことだけを意識して吸うときは自然に、ゆったりした呼吸のリズムを繰り返します。このとき、呼吸のリズムだけに意識を集中させます。

 

太陽の光を浴びながらこの呼吸法を行えば、@とAが同時に行われより効果的です!ウォーキングを組み合わせるとさらにいいでしょう。リズム運動開始から5分で活性化が始まるので、5分以上30分以内で行うのがポイントです。疲れない程度で終わらせることがセロトニン活性化には重要になります。

続きを読む≫ 2016/09/14 12:27:14

 

 

気温は高いのに湿度が急降下し始める初秋は、予想外の肌トラブルも・・・。こちらのページでは、その原因と対策をご紹介致します!

 

季節の変わり目の肌悩みといえば、これまでは春の話し。でも皮膚科には数年前から秋口の悩みが増えているそうです。その原因として考えられるのは、やはり年々加速している夏の強烈な暑さ。

 

あまりに暑く湿度が高いため、お手入れのやる気が出なかったり、潤っている気分になって過ごしてしまいます。昼間ファンデーションが落ちても「もういいや」と、全体に肌のケアをあきらめてしまう方が多いのかと思います。そして夏が終わったとき、シミやくすみなどのメラニン関連のトラブルを発見する、というのが原因のひとつになります。

 

 

もうひとつは、体も夏疲れがたまっているため全体的にバリア機能が下がった状態で、秋の花粉症などのアレルギンに敏感に反応して肌荒れしてしまう、というトラブルです。黄砂やPM2,5など、アレルギンが昔より増えている原因になっていると思われます。いずれの場合もスキンケアの基本に立ち返り、適切な化粧品を選べば慌てなくても大丈夫です。油分を嫌わず乳液やクリームまできちんと塗って保湿したり、ニキビ対策に顔全体に脱脂力の強いものを使わないなど、正しいケアを知っていれば、特別にがんばらなくても悪化させないで済みます。

 

 

月曜日のケア

「週の初めなのにお肌が敏感に・・・。見た目もがさついてブルーな気分に・・・。」バリア機能が完全に低下した肌なので、皮脂膜の構成物質である細胞間脂質などの油分をきちんと補いましょう。パームなどで肌表面に膜を作ってあげたり、乳液やクリームを取り入れましょう!

 

火曜日のケア

「急な大人ニキビ発生・・・。できるだけ早く治したい!」今の大人ニキビの人の特徴は、顔全体に脂が多いわけではないという点。ニキビ部分はクレイマスクやスポッツケアなどで汚れや脂を除去しつつ、顔全体の水分補給は怠らないのが全体の調子を整えるコツになります。

 

水曜日のケア

「週の真ん中は、朝に晩に悩み別のシートマスクシートマスクケアを」気温がまだ高くても、湿度は急激に下がってくるのが夏から秋への変わり目の特徴です。そのため肌が乾燥してきているのに気づかない人も多いので、シートマスクなどで集中的に保湿ケアをするのもいいですね!

 

木曜日のケア

「夏の疲れが肌に出てきた?5歳くらいに老けて見える・・・」体は夏疲れがたまり、肌は保湿力が低く全体がしぼんでしまい、たるんで老けて見えることが・・・。栄養状態をよくして体内の循環を整えながら、肌には炭酸ものや、基本の潤いを与えるものを選び、循環&保湿を心がけましょう!

 

金曜日のケア

「朝の顔を見てびっくり!今日さえなんとか乗り切れば!」ざらつきを感じるときにふき取りタイプの角質ケアをするのは正解ですが、何度も繰り返し拭いたり長時間こするのはNGです。ひたひたとたっぷり液を含んだ状態のシートで行いましょう!

 

土・日曜日のケア

「週末外遊びすぎてうっかり日焼けしたみたい!」秋口のうっかり日焼けは、集中ケアで早めのリセットが必要です。特に30代以降は、直後にケアしておかないと、残念ながら後の祭りです・・・。鎮静&保湿を大前提に、洗顔で角質除去したりきちんと美白成分の入った美容液を使いましょう!

続きを読む≫ 2016/09/14 12:25:14

 

 

若いころは不摂生が続けてきても、女性のお肌は何歳からでも生まれ変わることができます。かつてはお肌がボロボロだった友人は出産後のおうちケアでプルプル肌になっていたのでその秘密について取材してきました!

 

 

肌が乾く暇がないくらいまめに保湿したら質感が変わった

何はともかく保湿が大事と語る友人。決してお金はかけずに手間と保湿でお肌は変わるとのこと。

 

「タオルで顔は拭かない」

最大のポイントはこれ。お肌が濡れた状態で化粧水をつけるほうが、内部に水分がぐんぐん浸透するから化粧水をたっぷりつけたら、美容液&クリームで潤いに蓋をして!

 

「部屋のあちこちにスキンケア用品を置く」

洗面所はもちろん、お風呂場、さらにキッチンとリビングにも小分けしたボトルを用意。家事の合間も手がぬれたら、ついでに顔を保湿。お肌が乾く暇がないくらいまめにね!

 

「高価な美容液1プッシュよりもお手頃なのを5プッシュ」

質より量の友人。(笑)高い化粧品は、お肌にいいとわかっていても、つい大量に使うのはなかなかできない・・・。安くてもいから、浴びるように使うべし!

 

「入浴後は浴室でスキンケア」

二の腕、背中は、ガサガサだと意外に目立つパーツ。体も顔と一緒。タオルで拭かず、ぬれた状態で保湿したほうが断然潤います。意外とすぐ乾くからぜひやってみて!

 

「シートマスク3枚使いでエステ級の潤い感」

シートマスクはお手軽品を豪快に3枚使ってスペシャルケア。1枚目は目の穴の下部を下まぶたぎりぎりに、2枚目は上まぶたぎりぎりに、3枚目はその重なりの中間に。隙間なくびっちり顔を覆いつくす3枚張りで全面保湿を!

 

 

たんぱく質たっぷりの食材を意識的に食べてる

外からは、たっぷりの保湿。もちろん体の中からも、美肌を意識したケアをしっかりと。ポイントは「良質なたんぱく質」とのこと。

 

「女性ホルモンを安定させるイソフラボンが豊富な【豆腐】」

メラニンの生成を抑えて、美肌効果も高いイソフラボン。元々大好きだから主食の代わりに1日最低2丁は食べてる(笑)絹より木綿、木綿より沖縄の島豆腐が栄養的には最高!

 

「血流をスムーズにしてくれる【納豆】」

納豆に含まれるナットウキーゼは、血流をスムーズにしてくすみを防止する効果が。そのまま以外に、味付けを変えたり、しらすを和えたり工夫して食べると飽きないです。

 

「肌のハリ&ツヤをキープしてくれる【赤身肉】」

美肌効果の高い、ビタミンB群を多く含むのが赤身肉。さらに、赤身に含まれるLカルニチンには、脂肪燃焼効果まで!夫婦で肉好き。朝から生野菜と合わせて食べる日も!

 

 

 

 

続きを読む≫ 2016/09/14 12:22:14

 

 

美白は紫外線が強くなる春夏に向けて盛り上がります。でもがんばらずにきれいになるなら、秋冬からゆるっと始めるのが効果的です。

 

美白は春夏のケアというイメージがあるけど、肌の変化を感じ始めるアラサー世代にとっては、実は秋冬の美白が狙い目になります。

 

30歳前後は、いわば肌の最初の変わり目になります。バリア機能が低下して目のまわりや頬が乾燥しやすくなるほか、ターンオーバーが乱れて、日焼けの跡が治りにくくなってきます。夏の終わりの肌は紫外線の影響で、メラニンが増えがち・・・。

 

ここで美白ケアをストップすると、ターンオーバーの乱れで、メラニンが肌に居座る事態になりかねません。

 

 

秋冬美白のメリット

夏は紫外線が強い分、新たなメラニン生成を抑えるの忙しくて、なかなかシミを薄くするところまではたどりにくいです。それに比べると紫外線が弱くなる秋冬は、美白の効果が実感しやすい季節になります。春夏の美白は、予防という意味ではとても有効だけど、作られたメラニンを何とかするなら、秋冬美白の近道となります。秋冬に保湿ケスキンケアへ切り替えるとき、美白美容液をひとつ残しておきます。こうして年間通じて美白ケアを続けることが「美白の基礎体力」向上へとつながります。

 

朝の美白でやるべきこと

お肌を取り巻く環境は自分でコントロールできません。だから朝のケアで重要なのは、きちんと環境から肌をプロテクトすることです。1日中外回りだったり、エアコンの効いたオフィスに座りっぱなしだったり。人によって昼間の肌を取り巻く環境は違うので、自分に合うプロテクターを選びたいところです。特に秋冬は乾燥に注意が必要です。乾燥で肌のバリア機能が低下すると、乾燥や外部からの刺激物質により、慢性的な炎症が起こります。この慢性炎症がメラノサイトを刺激してシミの原因に・・・。涼しくなったと感じたら、乳液をかさねづけするなど、保湿ケアを念入りにしましょう!

 

侮れない秋冬の紫外線

秋冬になると紫外線は弱くなりますが、太陽が低くなる分、日差しが顔全体に当たります。夏は上から、額や頬の高いところに当たっていた日差しが、冬に正面から当たってしまいます。秋は気候が過ごしやすくなって、観光やスポーツなど、屋外にいる時間が長くなるので要注意です。浴びる紫外線の量は、紫外線の強さ×時間になります。弱い紫外線でも時間が長ければ、結局浴びる紫外線の量は同じになってしまいます。決して侮れない秋冬の紫外線。1年を通してしっかりカットしたいですね!

続きを読む≫ 2016/09/14 12:20:14