黒ずみ

秋冬のゆるゆる美白 

 

 

美白は紫外線が強くなる春夏に向けて盛り上がります。でもがんばらずにきれいになるなら、秋冬からゆるっと始めるのが効果的です。

 

美白は春夏のケアというイメージがあるけど、肌の変化を感じ始めるアラサー世代にとっては、実は秋冬の美白が狙い目になります。

 

30歳前後は、いわば肌の最初の変わり目になります。バリア機能が低下して目のまわりや頬が乾燥しやすくなるほか、ターンオーバーが乱れて、日焼けの跡が治りにくくなってきます。夏の終わりの肌は紫外線の影響で、メラニンが増えがち・・・。

 

ここで美白ケアをストップすると、ターンオーバーの乱れで、メラニンが肌に居座る事態になりかねません。

 

 

秋冬美白のメリット

夏は紫外線が強い分、新たなメラニン生成を抑えるの忙しくて、なかなかシミを薄くするところまではたどりにくいです。それに比べると紫外線が弱くなる秋冬は、美白の効果が実感しやすい季節になります。春夏の美白は、予防という意味ではとても有効だけど、作られたメラニンを何とかするなら、秋冬美白の近道となります。秋冬に保湿ケスキンケアへ切り替えるとき、美白美容液をひとつ残しておきます。こうして年間通じて美白ケアを続けることが「美白の基礎体力」向上へとつながります。

 

朝の美白でやるべきこと

お肌を取り巻く環境は自分でコントロールできません。だから朝のケアで重要なのは、きちんと環境から肌をプロテクトすることです。1日中外回りだったり、エアコンの効いたオフィスに座りっぱなしだったり。人によって昼間の肌を取り巻く環境は違うので、自分に合うプロテクターを選びたいところです。特に秋冬は乾燥に注意が必要です。乾燥で肌のバリア機能が低下すると、乾燥や外部からの刺激物質により、慢性的な炎症が起こります。この慢性炎症がメラノサイトを刺激してシミの原因に・・・。涼しくなったと感じたら、乳液をかさねづけするなど、保湿ケアを念入りにしましょう!

 

侮れない秋冬の紫外線

秋冬になると紫外線は弱くなりますが、太陽が低くなる分、日差しが顔全体に当たります。夏は上から、額や頬の高いところに当たっていた日差しが、冬に正面から当たってしまいます。秋は気候が過ごしやすくなって、観光やスポーツなど、屋外にいる時間が長くなるので要注意です。浴びる紫外線の量は、紫外線の強さ×時間になります。弱い紫外線でも時間が長ければ、結局浴びる紫外線の量は同じになってしまいます。決して侮れない秋冬の紫外線。1年を通してしっかりカットしたいですね!