黒ずみ

ストレスとうまく付き合うキーポイント「セロトニン」

 

 

いま話題の「セロトニン活性方」についてご紹介致します。毎日の生活にちょっぴり取り入れるだけで心と体の不調がみるみる解消していきます!

 

幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンは、脳内のセロトニン神経から分泌される神経伝達物質のことになります。自律神経や内臓の調子を整え、気持ちをポジティブに、体も元気にします。また、姿勢筋・抗重力筋への働きで自然と背筋が伸びたり、顔がリフトアップしたりと美しさにも影響します。逆に、この物質が不足するとうつ病やパニック障害などの心の病気が引き起こされたり、怒りのコントロールができなくなります。現代では外的ストレスを完全に排除することは難しいので、忙しくストレスが多い人こそ、セロトニンを増やす生活をして、元気を維持することが大切になります。

 

 

セロトニン強化の3つの方法

難しく考えなくても、日々のちょっとした意識でセロトニンアップは叶います。その方法は、【@太陽の光を浴びる】【Aリズム運動】【Bグルーミング】の3つになります。

 

リズム運動とは一定のリズムで周期的に繰り返す動作のことです。リズムだけに集中して、脳からは単純な指令しか出てない状態にすることでセロトニンが分泌します。

 

ウォーキングやスクワットなどのほか、ガムを噛むこともリズム運動に含まれます。Bのグルーミングというのは人とのふれあいのことになります。リラックス状態で楽しめる、スキンシップやおしゃべりが効果的になります。

 

そして、もっとも手軽に活性化する方法としておすすめするのは、リズム運動の中に含まれる「ゆっくり吐く呼吸」になります。まずゆっくり息を吐く。最初は吐くことだけを意識して吸うときは自然に、ゆったりした呼吸のリズムを繰り返します。このとき、呼吸のリズムだけに意識を集中させます。

 

太陽の光を浴びながらこの呼吸法を行えば、@とAが同時に行われより効果的です!ウォーキングを組み合わせるとさらにいいでしょう。リズム運動開始から5分で活性化が始まるので、5分以上30分以内で行うのがポイントです。疲れない程度で終わらせることがセロトニン活性化には重要になります。