黒ずみ

ガサガサのかかとにはスクラブとピーリングがおすすめ!!

 

 

手のひらやかかとは、じっくり眺めれば眺めるほど、ほかの部分のお肌とは違っているのがわかります。

 

それもそのはずです、通常皮膚は3つの層から成っているのですが、手のひらやかかとには淡明層という、透明な「第4の層」が存在するのです。この淡明層が存在するパーツには、他の皮膚よりも新陳代謝が早いという特徴があります。手をやけどしても意外に治りが早いとか、かかとにすぐ角質が溜まってガサガサになる、というのも、この新陳代謝の速さに理由があります。ここでは、毎日酷使されているかかとのお手入れについて、ちょっと考えてみましょう。

 

次々に、新しい肌細胞が生まれるので、必然的に角質が溜まりやすく、また体重の圧迫を受けているので、かかとはすぐにがざがざになりがちなのです。これをキレイにしたいのなら、おすすめはやっぱりネイルサロンでのお手入れになります。
かかとを削るためにやすりやバッファーも多く出回っていますが、素人が手を出すと削りすぎになりやすいので、私はあまり強くは推奨できません・・・。

 

また、足裏にもキメがあり、きちんとsの流れにそって削らないと、かかとのガサガサはむしろひどくなってしまいます。そういうわけで、私が自宅でかかとのケアをするときは、ボディ用のスクラブでかかとも一緒に磨くか、フルーツ酸によるピーリングでつるりと角質を除去する、のいずれかの方法で行っています。

 

かかとをピーリングすると、角質がキレイに落ちるまでの数日間は割りと汚い状況なのですが、自分で削って荒らしてしまう心配もなく、つるりと文字通り一皮むけます。

 

それから、ひとくとメモとして「淡明層」のお話しをもうひとつどうぞ。4層になっているかかと、手のひらはいわば透明な膜が張ったような状態なので、「手でコスメをつけると吸い込んでしまう」というのはまったくの誤解になります。手のひらには毛穴も存在しないので、コスメはほとんど浸透しませんので、ご心配なく!!